garamanのマジック研究室

プレステージ
THE PRESTIGE

クリストファー・プリースト原作の「奇術師」を、クリストファー・ノーラン監督が映画化したものです。2006年に公開されました。ノーラン監督といえば「バッドマン・ビギンズ」や「メメント」などの作品を送り出した鬼才です。とはいえ、「バッドマン・ビギンズ」や「メメント」とはまた違った傾向の作品です。テーマがマジックだけに、伏線に次ぐ伏線、重なり合う謎とトリック、最後に明かされる衝撃の結末、といった印象の神秘的な仕上がりです。彼の他の作品を良く知っている人のコメントでは、批判的なものも多いようですが、決して侮れません。ファンが追いつけない程の振り幅がある監督という見方もできます。当時の時代背景や、交流電気と直流電気の発明をめぐるエジソンとテスラの攻防、マジックのために日常の生活でも演技を続けたあるマジシャンの肖像、といった知識を予め持っている人にはとても面白い映画と言えるでしょう。逆にこれらの知識がないと、若干複雑なストーリー展開もあって、ついていけなくなる可能性があります。作品の内容ですが、私の個人的な印象では原作の要素は2割くらいしか含まれておらず、全く別の物語になっています。ですから原作を知っている方でも意外なオチを楽しめるでしょう。

「何だこれ?」と思う人と「ほーーっ!ちょっと最初からもう一回」となる人の両極端な評価を受けそうな作品でした。私は後者でした。

Hugh Jackman
Christian Bale
Michael Caine
David Bowie


Blu-ray 版もあります。


コレクターズエディションは2枚組です。Disc2 には予告編やTVスポットやメイキング映像などの、よくある特典映像が付いています。

レビュー

なし