garamanのマジック研究室

Gemini Twins

あなたがよくシャッフルしたデックから、マジシャンが2枚のカードを選び、テーブルに表向きに置きます。残ったデックはあなたが持ちます。(ここから先はあなたの手の中で作業が進んでいきます)

まず、あなたが持ったデックから一枚ずつカードを裏向きにテーブルに重ねて置いていきます。好きなところで置くのを止めて、今置いたパイルの上にマジシャンが選び出しておいたカードのうちの一枚を表向きに重ねます。残ったパケットを更にその上に重ねます。(これで、あなたが適当に止めた位置に、マジシャンが選んだカードを一枚表向きに挟んだ事になります)もう一度デックを取り上げて同じ事を繰り返します。(これで、裏向きのデックの中に、マジシャンのカードが2枚表向きに挟まりました)

ここで、デックをテーブルにリボン・スプレッドします。マジシャンのカードが2枚表向きに見えますが、それらのカードと表面を接しているカードを一緒に抜き出します。表面を接したカード同士がそれぞれ、マジシャンのカードとメイト・カードになっています。

マーチン・ガードナー原案のセルフワーキング・トリックの傑作です。ちなみにジェミニは「双子座」、ツインズは「双子」の意味です。

ジェミニ・ツインズの改案

現代カードマジックのテクニック
p.40

松田道弘氏の改案です。セルフワーキング・トリックに技法を盛り込む事で、よりストーリー性を持たせる事に成功しています。マーチン・ガードナーの原案とアラン・アッカーマンの「ジェミニ・メイツ」のアイディアを踏まえて、改案のポイントや問題点に関する考察もされています。本編は5ページに亘って詳細に解説されていますが、その後の考察部分にも3ページを割いてるという力の入れようです。

原案ではテーブルに一枚ずつ置いていくイメージですが、松田氏の作品ではマジシャンがファン上に開いたカードに観客がカードを差し込むイメージです。実は、観客が差し込むというのは正確な表現ではないのですが、実際にこのマジックを見た観客には「好きなところに観客が差し込んだ」というイメージに映るはずです。(2006.10.07)

カラーチェンジング・ジェミニ

現代カードマジックのテクニック
p.48

タイトルの通り、カラーチェンジング・デックの効果とジェミニ・ツインズの効果を合わせた、松田道弘氏の作品です。原案との大きな違いは裏向きに広げたデックに表向きのカードが2枚差し込まれるのでなく、表向きに広げたデックに裏向きの2枚が差し込まれる事です。「向きが変わっただけ?」と思われるかもしれませんが、このアイディアがあるからこそ、最後のカラーチェンジング現象を引き立たせます。本人も書いている通り、一部わざとらしい一致現象があるため、原案のメンタル・マジック的な要素がなりをひそめ、マジシャンのテクニックを印象付けてしまうような気はします。その分、最後のインパクトを取ったといったところでしょうか。個人的には実験的な作品という印象を受けました。(2006.10.07)