garamanのマジック研究室

Mental Reverse

テーブルに裏向きに配られた数枚のカード。観客はこの中から好きな一枚を選び、マジシャンが背を向けている間に表を見て覚えます。覚えたカードは他のカードと一緒に混ぜ、どれが覚えたカードか分からなくします。マジシャンは正面に向き直り、観客から受け取った数枚のカードをデックに戻しますが、このとき受け取ったカードは表を見ることなく、しかも1枚1枚バラバラの位置に差し込んでいきます。

さぁ、これでマジシャンだけでなく、カードを選んだ観客さえも、覚えたカードがどこにあるかが分からない状態になりました。ここで観客に覚えたカードの名前を言ってもらいます。観客が答えると同時に、マジシャンは手に持ったデックをテーブルにリボンスプレッドします。不思議なことに観客のカードだけが表向きになって出てきます。

メンタル・リヴァース (Roger Smith)

カードマジック入門事典
p.185

同名のエドワード・マーローの作品をロジャー・スミスが改案したものです。

ロジャー・スミスによる改案では最後にもう一つのクライマックスが用意されています。1枚だけ表向きになった観客の覚えたカードを裏返すと、なんと裏の色まで変わっているという現象です。個人的にはかえって現象がぼやけているような気がするのですが、インパクトは大きいです。この作品の特徴を活かしてインパクトを狙っていくなら、スピーディーに演じるのが良いと思います。メンタル・マジック特有の「じっくり魅せる」ような演出には向かないような気がします。(もちろんマジシャンの個性によるところが大きいので、人それぞれですが)

解説は4ページ、イラスト5枚で簡潔にまとめられた手順解説です。演出部分はオリジナリティーを出して考えてみるのが良いでしょう。(2007.12.16)