garamanのマジック研究室

Open Travelers

4枚のAを使います。1枚のAがテーブルに置かれ、残りの3枚をマジシャンが持っています。残りの3枚のうちの1枚を右手で覆い隠すように持ちますが、その掌には何も持っていないように見えます。マジシャンは見えなくなった1枚のカードを持ったまま、テーブルにあらかじめ置いてあったAに重ねます。その瞬間、見えなかったはずのカードが姿を現し、今、テーブル上には2枚のカードが重なっています。

このように1枚ずつ見えない移動を続け、最後にはテーブル上に4枚のAが集まります。

オープントラベラー

新版 ラリー・ジェニングスのカードマジック入門
p.139

ラリー・ジェニングス(Larry Jennings) の名作を加藤英夫氏が解説しています。プロ・アマ問わず、この作品に惚れ込んだ人は多いでしょう。その証拠に、様々な改案がテレビでも演じられていますし、アマチュアが演じた映像は数多くネット上で配信されています。この本で解説されているのは、ラリー・ジェニングスの原案です。アマチュア・マジシャンが見ると、ちょっと遅めな展開に感じるかもしれませんが、おそらくこのくらいのテンポが、観客には伝わりやすいのではないかと思います。色々な改案があるようですが、あまりスピードに拘ると、マジシャンによるマジシャンのためのマジックになってしまいます。

4ページにわたる解説は、文章だけでも充分に理解できるほどの内容ですが、イラストも9枚添えられています。(2012.05.27)

SOLO°

ジョン・ガスタフェロー カードマジック
p.82

ジョン・ガスタフェローによる奇抜な改案です。原案では、手のひらに何も持っていない状態を見せてから移動させますが、ガスタフェローの改案では、カードが手のひらに溶け込んでいる様子を見せてから移動させます。文章だけ読むとおかしな感じですが、観客には、今まさに消えかけているカードを見たという印象が残るのです。それが難しい技術もなくちょっとした準備だけでできます。カードを1枚ずつ透明にして移動させ、テーブルに置いた瞬間に見えるようになる、という現象は原案と同じです。それに加えて最後の1枚では透明になりかけた状態で移動させるのですから、作品全体の説得力は高まります。改案の見本とも言えるアイディアです。テーブルに置いた4枚のAをクリーンに見せられるような工夫も施されていて、最後までしっかりと考え抜かれた名手順です。

特殊なカードを1枚自作する必要がありますが、その苦労以上の効果がある作品です。(2015.07.19)

Open Travelers

Stars of Magic Vol.5
演技 : Title1/Chapter4
解説 : Title1/Chapter5

バーナード・ビリスの改案です。ジェニングスの原案よりも少しスピーディーになった印象を受けます。観客から見た現象は原案よりも少しスッキリしているのではないでしょうか。原案のコンセプトを変えずに、少しずつ改案されており、その分少し難易度が上がっているというのが特徴です。4枚目のカードが移動する前に、観客にカードを押さえてもらうことで、観客参加型にしているのも、ちょっとした工夫ですが効果的です。

難易度が若干高めになっているものの、観客からはスムーズな現象に見えるように、工夫された構成になっています。パームした見えないカードをテーブルに置く時の、ちょっとした注意事項など、実践的なアドバイスも豊富です。(2018.09.17)