garamanのマジック研究室

Travelers

一組のデックから4枚のAを取り出し、デックの中にバラバラに差し込み、よくシャッフルします。しかし、その4枚のAはデックから消え、マジシャンのいろいろなポケットから一枚ずつ出てきます。

ダイ・バーノンの名作のひとつです。

The Travelers

STARS OF MAGIC (日本語版)
P.116

Stars of Magic に発表された、ダイ・バーノンの原案です。ミスディレクションの連発で実現する現象ですので、その練習にも役立つ作品です。手順はシンプルですし、さほど難しい技法も使いませんので、その分ミスディレクションを効かせることに意識が集中できます。この作品の演技を見れば、ミスディレクションというものを理解できているかどうかがわかるという、試金石的な作品と言えるでしょう。ミスディレクションを効かせることに自信がない人ほど、スピードでごまかそうとしてしまう傾向があるような気がします。

この本は、ちょっと文章が理解しにくいところがありますが、10枚のイラストで補いつつ、実際に手を動かしながら読み進めていくと、理解しやすいかと思います。(2016.01.31)

ポケットへ通うカード (3) Travellers

カードマジック事典
p.290

バーノンの原案の手順が2ページで簡潔にまとめられています。11項目の箇条書きと1枚のイラストしかないにも関わらず、STARS OF MAGIC (日本語版) よりわかりやすいのは、さすがです。ただし、手順を理解するための解説であり、途中に行われる一つ一つの動作にどんな理由付けをするのか、観客にどう感じさせるための動作なのか、といったところは読者のセンスで読み解く必要があります。それでも、一度でも上手い人の演技を見た事があれば、この解説は充分どころか示唆に富んだものになります。

読み返すたびに発見のある名解説です。(2016.02.07)

駆け足の旅行者たち

デビッド・ウィリアムソン ウィリアムソンズ・ワンダー
p.97

デビッド・ウィリアムソンの改案です。原案に比べてちょっとカジュアルになっています。極力クリーンに見せようと思う人にとっては、この改案は受け入れられないかもしれません。しかし、原案のプロットを踏襲しながら、必要な技法のレベルを落としているので、演じる側の心理的負担は少なくなり、その分、観客とのやりとりに集中できるのは充分なプラス材料と言えるでしょう。また、マジシャンから見て不自然に思える形も、観客から見るとさほど不自然ではなかったりするものですが、その感覚をうまく利用した作品でもあります。「通用するのか?」と疑問に思いつつも、実際に演じてみると観客の反応が予想を超えます。

4ページで6枚のイラストを添えた解説です。手順を理解するには充分な内容ですが、体の動きや視線の動きは、じっくり考えて練習することをお勧めします。(2016.02.13)