garamanのマジック研究室

Chink A Chink

マジシャンは、テーブルに4枚のコインを正方形になるように並べます。1辺が 30cm の正方形になるような感じです。4枚のうち2枚のコインを両手で1枚ずつ覆い、合図と共に両手を開くと、別々の手で覆っていたはずの2枚が片方の手の下に集まっています。同じ現象を繰り返していくと、30cm 位ずつ離れていた4枚のコインが全て一箇所に集められてしまいます。

角砂糖やサイコロなどを使って演じられる作品が元になっていますが、使われる技法が違いますのでこのサイトでは別作品として扱います。

チンカチンク Chink A Chink (David Roth)

コインマジック事典
p.102

本来は角砂糖を使って演じられたものを、デビッド・ロスがコインマジックに置き換えた手順です。

この本の中では、デビッド・ロスのオリジナルの手順を詳しく6ページに渡って解説してあります。16枚の挿絵付で解説されていますので、とても分かり易い解説になっています。手順自体は簡単ですが、手順を覚えただけで演じてしまうと色々と突っ込まれてしまうでしょう。(ここでは詳しく説明できませんが、、、)影で行っているテクニックを悟られないためには、とにかく美しく演じることが出来るまでじっくり練習することです。(2004.08.08)

Chink A Chink

Stars of Magic 8
演技 : Chapter3
解説 : Chapter6

デビッド・ロス本人による演技と解説が収録されています。原理が簡単なだけに多くの人がこの演技を取り入れていますが、手のひらの中央からちょっとずれた位置でコインを覆うので、そもそも不自然な動きで覆ってしまったり、一度手のひらの中央で覆ってから少しずらす動きを入れてしまうため、不自然さが残ってしまうことが多いようです。デビッド・ロスが流れるような動きで自然に演技をするのを見ていると、つい簡単にできそうなな印象を受けてしまいがちですが、細かなところに気をつけて見ていると、結構奥が深い作品です。無駄な動きを極力省く。この作品の成功の秘訣はここにあるようです。

映像で本人の演技を見ることをお勧めします。(2016.07.03)