garamanのマジック研究室

Coins Through The Table

テーブルの上には4枚のコイン。使うのはそれだけです。左手に4枚のコインを握り、右手はテーブルの下ですり抜けてくるコインを待ち受けます。左手の4枚のコインをテーブルに叩きつけると、そこには3枚のコインしかありません。テーブルの下で待ち受けていた右手をテーブルの上に持ってくると、右手には確かに1枚のコインが乗っています。続けて、左手には3枚のコインを握り、右手には先ほど通り抜けた1枚のコインを持って、再びテーブルの下で待ち受けます。左手をテーブルに叩きつけると、そこには2枚のコインしかありません。先ほど1枚だけを持ってテーブルの下で待ち構えていた右手をテーブルの上に持ってくると、なぜか2枚のコインが握られています。2枚目のコインも通り抜けたようです。同じように、3枚目・4枚目のコインも通り抜けてしまいます。

私のサイトでは、複数枚同時の貫通現象を「Han Ping Chien」として分類し、1枚ずつの貫通現象は「Coins Through The Table」に分類しています。

The Magical Filtration of Four Half Dollars

MODERN COIN MAGIC
p.193

ダイ・バーノンの Kangaroo Coins の元になった、アル・ベイカーの作品です。これはこれで完成された名作です。

一見同じことを4回繰り返しているようですが、それぞれ少しずつ違う方法で実現しているのが特長です。勘の鋭い観客なら一瞬「見抜いた!」と思うかもしれませんが、確認しようと思って次の1枚の貫通現象を見ていると、違う方法で実現されてしまうので「あれ?違うのか。。。」となってしまい、追いきれない作品です。古い作品で、クラシックの部類に入るものですが、古めかしいものではなく、今でも十分通用する名作です。なお、この作品を源流にして様々な改案が作られましたが、多くの作品で見受けられる「改めすぎ」が気になる方も多いかと思います。ところが、この解説の中で、すでに必要以上のあらためはしないようにアドバイスされているのは特筆すべきところです。

また、4枚目のコインの貫通に関しては、フランク・ガルシアから提供された賢い方法も解説されています。(2016.08.14)

Coin Thru the Table

夢のクロースアップ・マジック劇場
p.72

松田道弘氏の改案です。雑誌「マニアック」に発表した「10001番目のコイン・スルー・ザ・テーブル」のハンドリングを少し変えたものだそうです。

貫通現象の原理は4回とも違います。原案でも4回とも違う方法で貫通させますが、そのどれとも違う4つの方法が取り入れられています。原案と比べてどちらが良いかという感覚で見るのではなく、単に実験的なチャレンジとしてみると、面白い試みだと思います。こういうアイディア合戦を見るのも、マジック研究の楽しみのひとつです。この作品から派生した、ダイ・バーノンの Kangaroo Coins などの作品が多く生み出されているため、実際に演じる人は少なくなった印象ですが、4枚のコインだけで行う原案のプロットの魅力を改めて感じさせてくれる手順です。

7ページにわたって10枚のイラストを添えての解説です。(2016.08.20)

コイン・スルー・ザ・テーブル

クロースアップ・マジック
p.71

ほぼアル・ベイカーの原案手順ですが、松田氏のちょっとした工夫がいくつか見られます。

例えば、左右の手に2枚ずつのコインを握った時の音の演出は、原案よりも少し説得力のあるものになっています。また、4枚目のコインの貫通にいく準備段階でも、原案のギルティーな動きを排除して、ハン・ピン・チェン・ムーブを取り入れています。いずれもちょっと説得力を増すためには効果的な工夫です。

10ページにわたって22枚のイラストを添えての充実した解説です。原案に近い手順を日本語で解説したものとしては、これが一番わかりやすいと思います。(2016.09.04)

Coins Thtough the Table

MODERN COIN MAGIC
p.276

ミルトン・コートの改案です。たった1枚のギミックコインを導入することで劇的に効果を高めています。

観客の目の前で4枚のコインを積み上げ、そのコインスタックに小さなウィスキーグラスを被せます。その瞬間、1枚のコインがテーブルを貫通し、テーブルで待ち構えていたマジシャンの左手に落ちてきます。ウィスキーグラスを退けると、そこには確かに3枚のコインしかありません。ウィスキーグラスにより周囲と隔絶された状態、かつ中が見える状態にも関わらず、この現象が起こります。2枚目・3枚目も同様に貫通させます。4枚のコインを観客の手のひらに乗せ、数を検めてもらいます。マジシャンが1枚取り除き、残りの3枚を握っていてもらいます。最後のコインはマジシャンの手から消え、観客の手の中に戻っています。

2ページ半程度の解説ですが、6枚のイラストが添えられており簡潔でわかりやすくまとまっています。(2016.10.30)