garamanのマジック研究室

Kangaroo Coins

4枚のコインとグラスをひとつ使います。マジシャンは右手に4枚のコインを握り、左手にグラスを持ちます。左手に持った空のグラスをテーブルの下に構えて、4枚のコインを握った右手をテーブルに叩きつけると「チャリ〜ン」と音がします。テーブルを通り抜けて一枚のコインがグラスに飛び込んだようです。テーブルに叩き付けた右手を開くとそこにはコインが3枚しかありません。ゆっくりとテーブルの下からグラスを取り出すと、1枚のコインが入っています。確かに1枚のコインがテーブルを通り抜けたようです。

マジシャンはコインを持った右手を次々とテーブルに叩きつけますが、その度にコインはテーブルの下のグラスに飛び込んでいきます。最後には4枚すべてのコインがグラスの中に入ってしまいます。

アル・ベイカーの Coins Through The Table から派生したダイ・バーノンの作品ですが、独立した作品としてひとつの流れを持っています。

カンガルー・コイン (Kangaroo Coins)

STARS OF MAGIC (日本語版)
p.39

ダイ・バーノンが原案の名手順です。ある程度の技術とある種の大胆さが要求される手順ですが、観客から見たときには不自然な点が全くと言って良いほどありません。流れを知るだけでも感動を覚えるほど考え抜かれた手順です。

たった5ページで淡々と手順が解説されていますが、一つ一つの動作には「巧妙」という言葉では片付けられないほど自然なミスディレクションが隠されています。「カンガルー・コイン」というタイトルにふさわしい台詞も紹介されていますので、参考にすると良いでしょう。台詞の解説を読めば、なぜこのタイトルが付いているのかが理解できます。(2004.12.05)

私案 カンガルー・コイン

遊びの冒険 全5巻
「5 とっておきクロースアップ・マジック」p.206

不朽の名作カンガルー・コインについて、歴史的な経緯が詳しく解説されています。。実に12ページにも亘って松田道弘氏の手順が解説されています。ほとんどダイ・バーノンの手順と変わりありませんが、決定的に違う箇所があり、それによって原案よりもスピード感のある現代風な手順が構成されています。その改案部分については、原案の手順と対比させて解説されているので、この本だけで原案の手順も良く分かります。原案が自然で公明正大であることに重点を置いているのに対して、松田氏の改案ではスピーディーな流れを心がけて手順が組まれています。どちらも名手順です。 (2004.12.05)