garamanのマジック研究室

Three Fly

左手の指先でファン状に広げて持った3枚のコイン。そのうちの1枚が一瞬で右手の指先に移動します。手の中に握り込んだコインが移動するのではありません。指先で持ったコインが見える状態のまま一瞬で移動します。もちろん1枚だけではなく、連続で次々と移動させ、3枚全てが移動してしまいます。

クリス・ケナーの不朽の名作。

スリー・フライ

クリス・ケナー エキセントリック・カードマジック
p.222

雑誌「Magic Man Examiner」に掲載された、クリス・ケナーの手順です。その後、プロ・アマ問わず多くのマジシャンが実演し、その過程で少しずつ形を変えて現在に至りますが、そのルーツはこの手順です。コインを極力隠さずにシンプルに移動現象を見せることが特徴で、その上、観客の視覚だけでなく聴覚まで利用して、さりげない説得力を持たせています。人によってはこのあたりのことを力説したくなるところでしょうが、クリス・ケナーは、ユーモアいっぱいの文章で軽妙に解説しています。とはいえ決して解説の手は抜いていません。4ページにわたって12枚のイラストを添えた、シンプルな手順にしては充分すぎるくらいの丁寧さです。(2019.07.06)

スリー・フライ

クリス・ケナー エキセントリック・カードマジック
p.36

クリス・ケナー自身の改案です。解説の冒頭で「マジシャン仲間を完全にぶっとばすために、、、」と冗談めかして書かれているように、この作品は、マジシャン仲間も驚くようなオチを特徴としています。指先に持った3枚のコインが、見える状態のまま1枚ずつもう一方の手に移動するという現象は変わりません。しかし、最後に全てのコインが銅貨に変わるというオチをつけているのです。このオチのために難易度はぐっと上がっています。シンプルなスリーフライでは満足できないような目の肥えた観客が相手ならオススメの作品ですが、そうでなければあまりオススメはできません。なぜなら、もとの作品は3枚のコインしか存在していないように感じるからこその移動現象だからです。最後に他のコインの存在を感じさせてしまうのは勿体ないことです。(2019.07.14)