garamanのマジック研究室

Devilish Miracle

2人の観客に1枚ずつカードを選んで覚えてもらいます。2枚のカードをデックに戻したらよくカットして、おもむろに5枚のカードを抜き出します。5枚のカードの表面を観客に見てもらい、自分が覚えたカードが含まれていたかを確認すると、1人の観客が「あった」と答えます。マジシャンは、5枚のパケットから「見えないカード」を1枚抜き出してテーブルに置きます。すると不思議なことにパケットは4枚になってしまいます。ここで「あった」と答えた観客に覚えたカードを教えてもらいますが、4枚のパケットの中にはありません。つまり観客のカードが見えない状態でテーブルに置かれているわけです。次に、テーブルに置いた見えないカードを表向きにして、テーブルの隅に置いてある残りのデックに向かって投げつけます。デックをスプレッドすると、そこには表向きの観客のカードが現れます。 これだけでも充分に不思議ですが、まだ2人目の観客のカードを当てていません。ここで2人目の観客が覚えたカードを教えてもらったマジシャンは、スプレッドされた裏向きのデックの中から、また「見えないカード」を1枚抜き出して、今度は4枚のパケットの方に差し込みます。するとパケットの枚数は5枚に代わり、ファンに開くと、中央には表向きになった2人目の観客のカードが現れます。

エドワード・マーローの代表作のひとつです。

Devilish Miracle

MALONE meets MARLO 1
演技 : Title1/Chapter19
解説 : Title1/Chapter20

演じているのはマーロー派のビル・マローンです。1948年に原案が発表された後、マーロー自身も改善を続けていたようですので、このDVDに収録されているのは、完成された手順といっても良いものではないでしょうか。2人の観客を相手にカード当てを演じることは、冗長な上に演技全体が長くなってしまいますし、1人目のカードを当てた時点で驚きが大きければ、2人目は蛇足になりかねません。この作品では、1人目のカードを当てた時のインパクトが充分でありながら、さらに2人目のカード当てでも満足されてくれる構成になっています。

ツッコミを入れようと思えばいくつか考えられます。しかし、それが気になるのはマジシャンだけな気がします。あまり演じられるシーンを見かけないのも、こういったことが一因なのかもしれません。それでも、一般の観客に充分な驚きを提供できるのは間違いありません。(2017.09.10)

悪魔の技
〜 A DEVILISH MIRACLE RETOLD 〜

ブラザー・ジョン・ハーマン カードマジック
p.242

ブラザー・ジョン・ハーマンが、珍しく他人の作品について時間を費やして練り上げた作品です。同書の別作品で使われている「カウントバック」という独自のテクニックを活用しています。マーローのデビリッシュ・ミラクル現象に対して、このカウントバックをうまくフィットさせることで、マジシャンをも煙に巻く作品が出来上がりました。原案を見て「なるほど賢い」と思った直後にこの改案を見せられても、きっとさらに驚くことになるでしょう。

この現象の弱いところは、現象の歪みです。ふたりに覚えてもらったカードをわざわざ入れ替えて当てるという捻り方が、無駄な「やりすぎ感」を生んでしまいかねません。現象が濁って見えるか、不思議な現象の積み重ねに見えるかは、演出次第とも言えます。ハーマンの作品では、そのあたりが念入りに考察されているような印象を受けました。解説文には特に記されていませんが、少ないセリフの絶妙な配置に、そういった意図を感じます。(2017.09.17)