garamanのマジック研究室

ザ・マジック 011号〜020号

デアゴスティーニから刊行された、隔週刊「ザ・マジック」。マガジンとDVDのセットで解説をするというスタイルは、マジックのレクチャーにはちょうど良いのかもしれません。監修はメイガス氏。現代のターベル・システムとなり得るか。
隔週刊 ザ・マジック シリーズ紹介

No.011

MAGIC
029. 4枚の予言
030. 消える塩
031. タバコの消失

付録
* レインボーシルク2枚


初めてのシルクの基本技法として「フェイクパス」が解説されます。またカードの基本技法として「クリス・クロス・フォース」も解説されます。シルクについては基本技法の解説もあり、2枚のレインボーシルクも付属していますが、まだシルクマジックの解説はされません。実際に道具を使って技法の練習をして次号以降の作品解説を待ちましょう。なお、今回解説される3つの作品のうち2つは、前号に付属していたサムチップを使用します。

HISTORY OF MAGIC のテーマは「自動チェス人形」。タークと名付けられたこの機械仕掛けの人形は、生身の人間とチェスの勝負をして、連戦連勝の腕前を持っていました。現代の人工知能を彷彿とさせる存在ですが、なんと1770年に登場しているのです。タークは、当時の人々はどれだけ驚かせたことでしょう。

No.012

MAGIC
032. 20世紀シルク
033. イモーショナル・リアクション
034. 4エース

付録
* 赤シルク2枚


カードの基本技法として「シークレット・アディション」が解説されています。応用範囲の広い技法です。またコインの基本技法として「クラシック・パーム」も解説されます。こちらもコインマジックを身につけるなら避けては通れない技法です。今号で、ようやくシルクマジックの解説が初登場します。その名も「20世紀シルク」。今やその命名の由来もはっきりしない程のクラシック作品ですが、シルクマジックを演るなら覚えておくべき逸品です。他にカードマジックが2作品解説されていますが、中でも「イモーショナル・リアクション」はメンタルマジックとしても秀逸です。

今号は、HISTORY OF MAGIC はお休み。WELCOME TO MAGIC WORLD では、日本最大級のマジックイベント「MAGIC MARKET 2019」が取り上げられています。

No.013

MAGIC
035. ハイパーESPカード
036. アートライルのフォー・オブ・ア・カインド

付録
* ハイパーESPカード


カードの基本技法として「ファン」と「テーブル・リフル・シャッフル」が解説されています。カードの技法もここまでできるようになればグッとマジシャンに近づいてきた感じがします。今号に付属しているのは、株式会社テンヨーが開発した「ハイパーESPカード」。エスパー風のマジックが簡単にできる優れものです。しかもこのデックを使った作品を、6つも解説する力の入れようです。また、通常のデックを使った作品もひとつ解説されています。こちらは、ほぼセルフワーキングでできるシンプルな手順です。

今号も、HISTORY OF MAGIC はお休み。WELCOME TO MAGIC WORLD では、マジシャンのBilly(ビリー)さんと、彼が運営する新宿高島屋のビリーズマジックショップが取り上げられています。


Magician MAGUS
DeAGOSTINI

レビュー

なし