garamanのマジック研究室

ザ・マジック 021号〜030号

デアゴスティーニから刊行された、隔週刊「ザ・マジック」。マガジンとDVDのセットで解説をするというスタイルは、マジックのレクチャーにはちょうど良いのかもしれません。監修はメイガス氏。現代のターベル・システムとなり得るか。
隔週刊 ザ・マジック シリーズ紹介

No.021

MAGIC
058. デビル・ハンカチーフ(変化)
059. デビル・ハンカチーフ(予言)
060. チャイニーズ・クラシック

付録
* デビル・ハンカチーフ


「デビルハンカチーフの基礎」として、付録についているデビル・ハンカチーフ扱い方が解説されています。テレビに出ているような人でも意外ともたついているケースがあります。これでは具体的に何をしているかが分からなくても「何かをしている」ことは伝わってしまい、不思議さも半減してしまいます。基礎を疎かにせず、スムーズに扱えるようになるまで練習すると良いでしょう。またコインの基本技法として「ハンピンチェン・ムーブ」と「ギャロー・ピッチ」も解説されます。作品としては、デビル・ハンカチーフを使った2作品と、コインマジックの名作「チャイニーズ・クラシック」が解説されています。どちらも、応用しやすい作品ですので、しっかりと身に付けると重宝します。

HISTORY OF MAGIC のテーマは「リチャード・ポッター」。アメリカで最初に成功を収めたマジシャンとして紹介されています。奴隷制度の残るアメリカでアフリカ系黒人マジシャンがなぜ成功することができたのか。フリーメイソンのメンバーでもあるらしく、その素性はミステリーに包まれています。WELCOME TO MAGIC WORLD では「マジシャン派遣ランド」が紹介されています。

No.022

MAGIC
061. 卵になるハンカチーフ
062. トライアンフ
063. クリック・パスのアクロス

付録
* 卵になるハンカチーフ


今回の基本技法は3つともカードの扱い方です。1つ目は「片手のファン閉じ」。このような言い回しを聞くこと自体が珍しいですが、それだけ解説されるケースが少ないのだと思われます。片手ファンができるようになったら、せっかくなら片手で閉じれるようになっておきたいところです。実践的なアドバイスが添えられていますので、合わせて練習しておくと良いでしょう。2つ目は「オートマチック・ジョグ・コントロール」。これもまた聞き慣れないワードですが、それもそのはず「片手のファン閉じ」を使ってジョグ・コントロールをする方法です。3つ目は「トップ・パーム」です。ただし、手の平とカードの位置関係を意識するところだけの解説です。パームにもっていくプロセスは次号で解説されます。

作品解説も3つです。ひとつ目は「卵になるハンカチーフ」。サッカートリックの名作です。必要なものは付属しています。ふたつ目は「トライアンフ」。ここにきて、急に本格的なカードマジックです。マジックブームの時にテレビでよく見かけた作品なので、この作品からカードマジックを始めた人も少なくないでしょう。ダイ・バーノンの名作です。みっつ目は「クリック・パスのアクロス」。コインマジックです。作品というよりは基本技法に近いですが、コインマジックをするならぜひマスターしておきたい技です。

HISTORY OF MAGIC はお休み。WELCOME TO MAGIC WORLD では創業19年のマジックショップ「手品屋」が紹介されています。

No.023

MAGIC
064. 3ボール・ルーティン
065. コイン・スルー・ザ・テーブル
066. マジシャン VS ギャンブラー

付録
* マジック用ボール


今回の基本技法は1つだけです。前回の「トップパーム」の解説は手の平とカードの位置関係を意識したものでした。それに続いて今回は具体的な手順のプロセスを解説しています。号を跨いだわりには、たったの1ページでの解説です。ページ数の都合でしょうか。。。

作品解説は3つです。ひとつ目は「3ボール・ルーティン」。クラシック作品のひとつで、多くのマジシャンが演じてきたものです。3つのボールが消えたり移動したり、目の前で次々と現象が引き起こされます。これを演じるためのボールも付属しています。ボールについては人によって好みはあると思いますが、初心者ならこの雑誌に付属しているような滑りにくいゴム製のボールが扱いやすいと思います。2つ目は「コイン・スルー・ザ・テーブル」です。こちらもクラシック作品のひとつで、アル・ベーカーの手順をアレンジしたものが解説されています。3つ目は「マジシャン VS ギャンブラー」。ハリー・ローレインの代表作で、将来のクラシック作品になりえる名作です。マジシャンとギャンブラーの対決というストーリーに乗せて演じられる作品で、多くのマジシャンが演じています。また、この作品で早速「トップ・パーム」を使用します。

今号は本格的な作品ばかりが収録されているせいか解説が多めで、HISTORY OF MAGIC や WELCOME TO MAGIC WORLD はお休みです。

No.024

MAGIC
067. ジャンピング・ダイヤ
068. 復活するブックマッチ
069. ハンキー・パンキー

付録
* ジャンピング・ダイヤ


今回の基本技法は1つだけです。今号のメインの作品である「ジャンピング・ダイヤ」で使用する「パドル・ムーブ」です。ジャンピング・ダイヤとセットの技法として認識されていることも多いですが、たまに他の作品でも登場します。

作品解説は3つです。ひとつ目は「ジャンピング・ダイヤ」。クラシック作品のひとつで、たくさんの本に解説されています。ただし、子供向けや入門書レベルの本に載っている傾向が強いように思えます。子供向けの本で多く見かけると子供騙しのような印象を受けてしまいますが、長い歴史を生き抜いた名作です。2つ目は「復活するブック・マッチ」です。こちらは逆に子供には通用しないかもしれません。そろそろ”ブック・マッチ”って何?という世代が台頭してくるでしょう。3つ目は「ハンキー・パンキー」。古典的なプロダクションマジックで、名作です。ハンカチをひっくり返すたびにコインが現れ、最後にはタバコやライターも現れて一息つくというオチですが、そろそろタバコを出すのは避けた方が良いでしょうから、別な品物で個性的な演出を考えたいものです。

HISTORY OF MAGIC はお休み。WELCOME TO MAGIC WORLD では、新宿歌舞伎町のマジック・バー「CUORE (クオーレ)」が紹介されています。いつもよりも大人寄りな号になったようです。

No.025

MAGIC
070. リッピンコット・ボックス
071. ジャンプする輪ゴム
072. コーヒーの読心術

付録
* リッピンコット・ボックス


今回の基本技法は1つだけ、カードの基本技法として「コンビンシング・フォース」が取り上げられています。

作品解説は3つです。ひとつ目は「リッピンコット・ボックス」。マギーボックスとも呼ばれる古くからある道具ではありますが、今でも新鮮な印象を与えられるポテンシャルを秘めています。あくまでも道具の名前ですので、それを使ってどのような現象を起こすのもマジシャン次第です。この号では最も基本的と思われるコインの移動現象として解説されています。観客のコインがいつの間にか鍵のかかった小箱に移動しているという作品は、あくまでも基本的な例と捉えて、様々な使い方を工夫してみてください。2つ目は「ジャンプする輪ゴム」。こちらも古典的な作品です。人差し指と中指にひっかけた輪ゴムが、一瞬で薬指と小指に移動します。3つ目は「コーヒーの読心術」。これはプロマジシャンRYOTA氏考案のオリジナルマジックです。ESPカードを使った読心術のちょっと洒落た演出といったところです。

今号も、HISTORY OF MAGIC はお休み。逆に初めての試みとして「TABLE MAGIC SHOW」というコーナーができました。この号までに解説されてきた70以上の作品から厳選して7つを抽出して、全体として15分程度のショーを構成しています。WELCOME TO MAGIC WORLD では、リアルマジシャンRYOTA氏と、氏の運営しているマジックショップ「REAL-MAGIC SHOP」が取り上げられています。


Magician MAGUS
DeAGOSTINI

レビュー

なし