garamanのマジック研究室

ジョン・バノン カードマジック

ジョン・バノンの「Dear Mr. Fantasy」の翻訳本です。氏のホームページを見ると原書が発行されたのは2006年になっていますので、2013年に発行されたこの本訳本は、わずか7年での翻訳になります。おなじく2013年にはスペイン語版も発行されたそうで、世界的な人気の高さを物語っています。本職が弁護士でありながら、出版活動や世界中でのレクチャーなど、精力的にマジックの世界で活躍されています。全体を通して、細かいところまで考え抜かれた手順が多いという印象を受けました。そのため、高度な技法に頼りすぎることもなく、不自然な動作が少ないという特徴があります。5つのチャプターに分けて20程の作品が解説されています。

1つめのチャプターでは「Bullet train」と題して、タイミングにこだわった作品を3つ解説しています。通常の作品が「テーブルにカードを並べ、指を鳴らすと、、、」といったタイミングで現象が起こるのに対して、「テーブルにカードを並べ終わったその瞬間に」現象が起こるようなイメージです。レナート・グリーンに影響を受けたようです。

他にも一人称の小説風に解説をしている章があったりして、読んでいても飽きませんし、臨場感も手伝ってか演技の様子が分かりやすく頭に入ってきます。こういった章立て自体が特徴的です。

翻訳も良いのでしょう。読みやすいです。

John Bannon
富山 達也(訳)
東京堂出版

レビュー

Degrees Of Freedom
Last Man Standing
Origami Poker