garamanのマジック研究室

魅惑のトリックカード・マジック

トリックカードを使ったマジックだけを扱った大変珍しい本です。殆どの作品において松田氏が何らかの工夫を施しており、演技を終えた時点で演技前のセットアップ状態に戻っているという、面白い特徴があります(リセッタブル・セットアップと命名されています)。と言っても、繰り返して同じ演技をする事を推奨しているわけではありません。あくまでも次回に演じるまでの間にセットしなおす必要が無いから"ちょっと楽"という位のものでしょう。驚くべきは、ただでさえ新しい手順を考案するのは大変な作業であるはずなのに、そこにリセッタブル・セットアップを盛り込んでしまう、その能力です。ある時期にトリックカードに関するアイディアが次々に沸いたらしく、その時期(およそ2ヶ月間)に考案されたマジックが殆どだというのですから、再度驚かされてしまいます。

松田 道弘
東京堂出版

レビュー

大喰らいのカニバル
ダッチ・ルーパーの手順構成 (garaman注 : スリー・カード・モンテの解説です)
ワイルド・カードの原点にかえる