garamanのマジック研究室

ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ5

第4巻が翻訳されてから11年。最終巻である第5巻がついに翻訳されました。第4巻までで技法の解説は完了しています。そのひとつひとつを習得するために幾つかの作品を通して、実践的な練習ができるようになっていました。しかしどちらかというと技法を身につけるための習作という印象があったのも事実です。このカレッジを卒業しても、在学中に習った作品しか演じられないのではもったいない話です。確かな技術を身につけたのなら、ぜひ次のステップに進みたいものです。

そんな思いを叶えてくれるのが、この第5巻です。ジョビー氏も、「すでに取り上げた技法だけを使った作品しか解説できない」という呪縛から逃れ、思う存分作品解説に注力しています。その確かな選球眼で取り上げられた作品はどれも一級品です。第4巻までの修了者なら、これらの作品が演じられるだけの力が身についているはずです。

今回は東京堂出版ではないので、装丁が変わってしまったのが少し残念です。

Robert Giobbi
スクリプト・マヌーヴァ

レビュー

On the LePaul Envelope Set
Stop!